戒名とは?

 実際の戒名とは、仏門に入った者に与えられる名前です。
したがって、僧侶は全て戒名をもっています。
 仏教の確立から、長い年月を経て、仏弟子(仏門)にならずに亡くなる方が多くなりました。(近年ではこちらの方が普通かと思われます。)
そのままでは佛式では葬式や法要が行えないために、亡くなってから戒名をつけて仏弟子として弔うことが一般的になってきました。
 また、戒名には位があり、寺院へ大きく貢献した人ほど高位(値段の高い)戒名が授けられております。
 

戒名をつけないことによって起こる問題とは?

 近年では、散骨など新しい葬送の方法が出来てきました。
 菩提寺がない場合は、戒名をつけずに故人を弔う方法はありますが、しかし、菩提寺があり、そこで葬儀や納骨を行う場合には、基本的に戒名は必要になります。
 近年では少なくなりましたが、寺院との結びつきが強い地域では、戒名を授かるのが当然のことと考える所もありますので、戒名授からない事で糾弾される可能性も否定できません。

戒名の種類

戒名の意味・形成の仕方

殿 号 道 号 法 号 位 号
●● ■■ 信士・信女・居士・大姉

院殿
●● ■■ 大居士・清大姉
○○院殿(院)○○□□大居士・清大姉
○○□□信士・信女・居士・大姉
名 称 意 味
院・院殿

生前に寺院や宗派に対して多大な貢献をした者、あるいは社会的に高い貢献をした者に贈られる号です。

道号  真言宗・天台宗・浄土宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗などで用いられる号です。
 芸術家の雅号などが組み入れるケースがあり、僧侶の尊称からきたと考えられます。
法号 仏弟子としての名称
位号 地位や性格を表す位号の1つであり、性別や年齢などによって違いが出ます。

お気軽にお問い合わせください。info@narita-san.com24時間メールでのお問い合わせを受け付けております。
ご返答には少々お時間がかかる場合があるので、ご了承下さい。

お問い合わせ